理解しておくべきこと

一度は都会の病院で働いてみたいと地元を離れてみたが、やはり地元がいいと看護師として転職を目指す方は少なくありません。しかし、看護師として一度は都会の病院を経験したことのある方は、転職する際に少し注意が必要です。それは、都会と地元では働く環境や報酬環境などが大きく異なるためです。

例えば都会に行くと、看護師の仕事は看護の仕事ときちんと明確な基準が設けられ、そのほかの雑務はそれぞれの役割の方が行うなど、きちんと分業されているのが特徴です。しかし地元に行くと、やはりシステム化はされていませんし、マンパワーが不足しており分業化されていないことが多いです。そこで雑務が多くなり、不満を感じることも少なくありません。

都会は物価が高いので、それに応じて基本給も高くなります。また、離職率を防ぐために、きちんと対価に見合った報酬を出しているのが特徴です。しかし地元に来ると、やはり基本給が低いというのは誰もが感じるところでしょう。基本給が低いことは夜勤手当などにも関連してくるので、トータルで見ても月収や年収が下がってしまうことになります。

更に、大きな病院でシステム化されたところでは看護師の残業を減らすための努力が行われています。しかし地元に転職すると、残業が当たり前というところも少なくありません。

看護師として地元に転職で戻る場合は、こういった労働条件をよく確認する必要があります。また、基本給など報酬についてもよく調べて決める必要があるでしょう。